スポンジ・タカの日常

自分が吸収したことを発信していきます

MENU

捨てるものと、残すもの

f:id:tttgggtg:20160830205238j:plain

こんにちは、スポンジタカです。

 

今日は自分の人生で

これから何を残すか

何を大切にしたいか

 

逆に、

 

どんなことをやめ

何を捨てるのか

 

そんなことを考えました。

 

きっかけはこの本

 

 

最近自分の中のやらないことについて

考えてたので

タイトルだけ見てすぐに買っちゃいました

 

自分は何を捨てるのか

読み終わって

まず思ったこと

 

とりあえず物に溢れた今の生活を捨てます

 

とくに最近増えてるもの

 

服と本

 

服はあると言っても

人よりは少ないと思うけど

自分的には割と多い

 

本当に自分の好きな服だけ、

全部服がなくなっても

もう1度買いたいと思う服だけ残して

あとは全部売りました。

 

あと本

 

本は売りたくなかった

 

読書好きだし

本に囲まれてるの好きだし

並んでる本を眺めるのも好き

 

でも、もったいなと思いつつ

今の暮らしを変えるために実験

 

本当に好きな本だけ残すため

断捨離スタートしました

 

読み返す予定の本

なんと40冊

 

たぶん2カ月はかかるけど

全部読み返して

自分なりに翻訳して

アウトプットして

あとは多分誰かにあげたり、

ビジネス書は売ろうかな

 

ちゃんと手放す前に

全部の本と向き合いたいと思います

 

人生は実験

上でも言いましたが

とりあえず自分が本当に好きだと思える本だけを残す

実験をスタートしました

 

これもこの本に買いてあったから

人生は実験し続けないと

 

何が自分にあっているのか

 

いつもの暮らしに変化をつけることで

新しい価値観にであうことができるかも

 

新しい価値観に出会った時に

その価値観を自分の中にいれるためにも

まずはスペースをあける

 

身の回りも

心の中も

断捨離

 

目標は

少しずつでも本当に自分が大切にしたいことを見つけること

 

自分は何を大切にしたいのか

 

とりあえず今見つけたのは

シンプルな暮らし

 

だからまずは身の回りをシンプルにします

 

好きなことは仕事にしない

これは

この本を読んでて1番最初に

「はっ!」

となった文章

 

色んな本で好きなことを仕事にしなさい

的な文章を見てきた気がする

 

好きなことを仕事にしたら

それをやる時間が長くなるから幸せだよって

 

それも一理あると思う

 

でもこの本で言ってのは違った

 

好きなことは仕事にせず

好きなことをいつでもできるようにするために

どうしたら良いか考える

どんな働き方、ライフスタイルにしたいのか考える

 

例えば

サーフィンが好きな人が

好きなサーフィンに携わりたくて

海の近くのお店で、働きだすようになりました

 

でも良い波がきたところで

その人は仕事があるので

その時サーフィンはできません

 

はっ

 

確かに!

 

その通りだって思いました

 

だから

サーフィンがいつでもできるようにするためには

どんなことをしたらいいのか

考える

 

だそうです

 

そのためにも

まずは自分が大切にしたいことを

見つけないといけないだけど

 

それはそれで

とても難しい

 

自分が大切にしたいものって何だ。。。。。

 

頑張って探します

 

 

直感力

これは2番目に

「はっ!」

ってなった文章

 

僕は出かけるときに

よく下調べをします

 

山口県に行くとしたら

「山口県 カフェ オススメ」

的な

 

それはそれで

せっかく行った土地だから

そこで1番おすすめなものに

出会いたいと思うから

 

ついついたくさん調べてしまいます

 

でも

調べることによって

自分で判断する機会を減らしています

 

要は

ノープランで行って

自分の直感だけでお店に入って

感性を鍛える方法もあるよって 

 

うーーん

 

完全にどっちが良いっていうのは言いきれないけど

 

自分の直感力を鍛えることも怠りたくないので

次の旅行は

ノープランかも

 

まとめ

自分が本当に大切なものに出会えるように

色々実験していこう

 

そもそも自分の大切にしたいものてなんだ

 

物は持たない

 

直感力大切

 

そんなことを考えた本でした

 

今日から断捨離

 

スポンジタカ

 

関連記事

良かったらこっちもどぞ

www.suponjitaka.com

www.suponjitaka.com