読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンジ・タカの日常

自分が吸収したことを発信していきます

MENU

どんな人生を生きる??

f:id:tttgggtg:20160225183057j:plain

こんにちは、スポンジタカです

 

僕の大好きな映画を紹介します

 

この映画は

色んなことを

考えることができる映画だと思います

 

働くことか

人生についてとか

信じることとか

結婚とか

 

人によって考えることは

それぞれだと思うけど

見ておいて損はないと思います

映画館でも見ましたが

どうしてもまた見たくて

DVD借りてきました(4回目くらい)

DVD買おうかな....

 

それくらいこの映画好きです

 

映画を見てて

考えたことを書いていきます

 

寄り添う

人に寄り添う

支えるって

とても難しいことだと思います

 

考えたのは相手の距離感

 

近すぎてもダメだし

遠すぎてもダメ

 

最近言われるまで

気づかなかったんですけど

僕は人との距離感が近いらしい

 

たぶんそれは

僕が相手のサインを見ることを

怠っていたから

 

相手が必要としているときに

必要としている言葉をかけてあげられる

ベンみたいな人に

なりたいと思いました

 

僕は

せっかく相手が相談してくれても

相手が求めているような

答えを返せてないと思います

 

じゃあなんで

ベンはできていたのか

 

ベンは自分の周りを

常によく見ていた気がします

 

よく気づける人

察する力の強い人は

本当に人のことを見ている

 

尊敬します

 

何気ない言葉使い

表情,目線,行動.....

 

見れてない

これが僕の今足りてないところです

 

よく見てる人に

なんでそんなによく見てるの?

って聞いたら

人間観察が好きだから

ってサラッと答えられました

 

そんなにさらっと言われても

できないよおおおおおおお

 

やります

意識することが大切

もっと周りに興味をもつ

 

働き方について

将来の働いてる自分を想像すると

モノ作りの最前線にたって

バリバリ働いてて

世の中に

笑顔とワクワクを生み出してます

 

って超ざっくりかよ

 

ほんと全然このビジョンから

進歩してないんだけど

ぼんやりしたものは

自分の中にあることが

明確になりました

 

あとは日々の努力と

そこにいくまでの過程をイメージすること

課題は山積み

でも

ワクワクも山積み

 

楽しみです

 

人生

人生って決断の連続ですよね

 

これはやった方がいいのか

やめておいた方がいいのか

 

こっちをやるのか

違う方をやるのか

 

自分の夢をとるのか

愛する家庭をとるのか

正しい行いは迷わずやれ

でも

最後はやっぱり

自分の気持ちだと思います

 

悩んだってしょうがないですよね

 

簡単にシンプルに

自分の心に耳を傾ける

 

難しい決断をするときって

最初から

なんとなく自分的にはこっちの道がいいな

っていうのがわかってる気がするけど

ああでもない

こうでもないって悩んで

結局

自分の背中を

押してくれそうな人のところに

最後は行ってします気がします

 

だから最初から

自分の中にある気持ちを

もっと信じていいと思います

 

映画の中の問いを自分にもしてみた

もし

自分が愛する人

ちかをとらないといけない決断を

迫られたら

 

どうしよ

 

自分の夢も大切にしたいし

自分の愛する人だって大切にしたいし

 

結論は,難しすぎてでなかった

 

でも

自分の夢を

一緒に叶える方法を探してくれて

それを応援してくれて

自分のことを必要としてくれる人と

結婚するんだろうな

って思いました

 

スーツ

ベンの着ているスーツというか

スーツ姿が

とてもカッコよく見えた

早くスーツを着こなせるような

紳士になりたい

もちろんハンカチも忘れずに

 

青色のシャツが個人的には好きでした

 

オーダーメイドの

スーツ作りに行くの楽しみだな

 

アン・ハサウェイ

f:id:tttgggtg:20160225183106j:plain

綺麗すぎです

もうなんていうかヤバいです

 

色んな表情の

アンハサウェイを見ることができて

とっても幸せでした

 

美しい

 

まとめ

www.youtube.com

何回見ても飽きないのはなんでなのかな

 

もう少しこの映画の

いいところが見えてくるといいんだけど

 

考えたことしか書けませんでした

 

とりあえずアンハサウェイは美しい

自分が信じたことを大切に

 

 

おわり