読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンジ・タカの日常

自分が吸収したことを発信していきます

MENU

今日から自分を変えるエンジンになる本

f:id:tttgggtg:20160112192302j:plain

 

はい,また影響をうけたスポンジタカです

 

今日は何に影響をうけたかというと友達のツイート

 

 

 

研究室で今日のブログ書き終わって一息ついてたら目にとまりました

 

そのままAmazonでその本をポチ

 

影響されてすぐに行動することが重要

 

よし!前髪のチャンスつかんだぜ!

 

とか,こそっとガッツポーズ

 

そしたら本の最初の始まりが

 

これがチャンスだとか誰かが教えてくれるものじゃなくて,

掴めば何でもチャンスになりうるんです.

 

って書いてあってこれは タイミング!!!!!って思いました

 

そのまま読み終わるのに1時間くらい

 

さーーーって読めました

 

読んで残ったのは共感と発見と鳥肌

 

読んでてとても面白くて

自分もこんな風に文章書けたら楽しいだろうなぁ

 

って思いました

 

あ!これ憧れだ!

 

www.suponjitaka.com

 

↑↑↑↑↑

最近違う本で自分の憧れについて考えました

その時は,わからなかったんですけど1つ目見つけました

 

人に面白いと思われる文章を書けるようになる

 

はあちゅんさんのブログもツイッターもお気に入りしたので

 

文章の言い回しとか

どんな感じに自分の思ってることとか書いてるのか

 

分析していこうと思います

 

で...........

 

ここからは肝心の本の中身

 

本当に共感と発見が多かった本でした

 

なので,その中から特に自分が強く共感したところを5つ選びたいと思います

 

でもそれが激ムズ

 

厳選するのにかなり時間かけました

 

なんで自信をもっておすすめする共感ワード

 

小さな夢

f:id:tttgggtg:20160112210706j:plain

 ふわっと湧いた小さな野心に対して,自分がどれだけ動けるかっていうのが,何かやれる人とやれない人の違いだと思います.

 

日常的にでてくる小さな夢について書いてありました

 

あのお店行ってみたいとか,あのイベントに参加したいとか

 

何かをやれる人はこういう小さな心の動きを大切にして,実現していく

 

だから自分に自信がついてきて,

いざって時にも大きな夢を実現することができる

 

そんな内容でした

 

大きな夢も大切だけど,こういう小さな夢も大切だなって思いました

 

自己紹介のいらない人

自己紹介がいらない人になりたいんですよ.ユニクロの柳井さんやソフトバンクの孫さんに「何やっている人ですから?自己アピールしてください」とはならないですよね.

 

何かに真剣に取り組んでいて

それを普段からちゃんとアウトプットできていたら

自分のことをもっと知ってもらえますよね

 

何が好きで

どんなことに興味があって

 

自分のことをもっと発信していきたいと思いました

 

話が面白い人は具体的である

f:id:tttgggtg:20160112211116j:plain

仕事で成功している方は,得てしてお話が上手です.ポイントは,具体的なエピソードを交えて話すことで,「相手にイメージをリアルい想起させる」ことです.

 

これは僕のずっと前からの課題です

 

話が具体的でない

 

だから状況説明などがとても下手です

 

話すのが上手だなと思う人は話の流れがしっかりしていて,

細部まで説明が具体的であるように感じます

 

今は「何が」をしっかり考えるようにしています

 

何が面白いのか?

何が自分にあっていないのか?

 

このブログも文書を考える練習の一部

 

少しでも上手に説明ができるようになればいいなと思っています

 

気付ける人になるために

作家さんが書く文章が面白いのは,周りと同じ空間を違う視点で見ているからですよね.

 

人によって色んな視点で物事を見ていて,

僕は自分にない視点を持った人にとても興味が湧きます

 

そういう人は,自分よりよくその物事を見ている人か,

全く別のことをやっている人が多い気がします

 

面白いことのアンテナを常に張って

それを覚えておけるように意識して生活していこうと思いました

 

理想の自分

f:id:tttgggtg:20160112211216j:plain

「それ,今の会社にそのままいて,実現できる?」って言われて,その瞬間はっとして,「•••••できない」って思ってしまったのです.

 

皆さんにも自分が夢見た理想の生活というものが1つはあるはずです

 

今の生活を続けていてもその理想は叶えられないとわかっていながら,

日々の忙しさを理由に

どこか妥協して毎日を過ごしている自分がいると思います

 

自分もその一人

 

だから自分の理想と,

それを実物するためには何をしないといけないのか

その2つをもう一度考え直そうと思いました

学びを活かす 

後藤剛博(@tttgggm27)