読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンジ・タカの日常

自分が吸収したことを発信していきます

MENU

ビンか、プラスチックか、ペンたてから学んだ要件定義の難しさ

f:id:tttgggtg:20170330235735j:plain

こんちには、スポンジタカです。

 

今日は「相手の話を聞くことの大切さ」って話

 

 

ある日、パソコンに向かって

いつものように仕事をしていると

 

僕は、言われました。

 

「今度あの棚無くすんだけど、その中に入ってるもの達を、いい感じに収納してくれない?」

 

。。。。

 

 

。。。。

 

 

は?い?

 

 

 

すぐに意味を理解できなかった僕は

その後、詳しく説明してもらい

ようやく趣旨を理解しました

 

 

つまり、

 

備品管理をしてる棚を処分するから

新しくいい感じにレイアウト考えて

っていう要望だったみたい

 

そうと分かれば、そういうの大好きなので

もちろんオーケー

 

 

その日の、帰りの電車から

張り切って、色々探しました

 

ピンタレスト

 

インスタ

 

google先生

 

参考になるようなレイアウトはたくさんあって

 

でも、

 

 

僕は気づいた

 

予算とか、納期とか、イメージとか

 

全然聞いてないじゃん

(汗汗汗汗)

 

次の日、速攻聞きました

 

予算 : あんま考えてないけど5000円くらい

 

納期 : 3月中

 

イメージ : 今ある他の棚に一緒に収納できないか

 

 

ほうほうほう

 

 

なんとかなく理解理解

 

 

問題点 : 汚いし、古いし、大きいし

 

これはちゃんと聞いてないけど、

会話の中でボソっと要望した人が言ってたこと

 

 

承知しました(社会人のおなじみのやつ)

 

と言ってその場は終了しました。

 

 

そして1週間半くらい、、、、、

 

 

つんだ

 

やりたいイメージは

たくさん膨らんだんだけど

 

なんせ今、管理してる備品って

たくさんありすぎて

 

 

ほんとにこれで収まるのかなー?

 

これ、どこに売ってんのかなー?

 

とか疑問点がたくさん浮かんできた

 

 

そこで、もう1回相談に行ってみた

 

こんなのどうですか?

無印にこんな可愛いやつありましたよ?

 

とか

 

写真を何枚か見せてみた

 

 

そうすると

 

「このアイディアなかったねー」

 

「あーこういう感じありだねー」

 

「このビンの収納いいねー」

 

 

 

実際に意見を聞かせてもらえた

 

 

ただ、

その時僕は、見せたことに満足して

 

肝心の

 

相手の意見を聞く

 

って作業をおろそかにしてしまった

 

その後、、、、

 

「とりあえず、買ってきてみなよ

それ見て判断しよう」

 

って言ってもらえたので

 

 

今日実際に、買ってきました

 

買ったのは、無印の透明ラックとペンたて 

 

見た瞬間に一目惚れ

 

「僕はこれで、備品管理をしたい」

という勝手な一存で購入

 

そして

実物を持って会社へ

 

見せる瞬間ドキドキ

 

 

なんて言われるのかな

 

ワクワク

 

不安不安不安不安不安不安不安

 

(正直、だいぶ不安の方が大きかった)

 

 

袋から、それ(僕の買ってきたもの)を取り出し

 

 

「うん、良いじゃん」

 

と一言

 

 

それで僕の不安は一気に無くなり

 

早速、備品たちを詰めてみることに

 

 

美しい!

自分でも、超納得!

 

ただ、棚の一緒に買ったペンたて

 

 

ここで待ったが入る

 

ペンたて

(素材はプラスチック)

 

こつこつ

 

こつこつ

 

上司「プラスチックなんだー」

 

 

僕「はい(小声)」

 

 

その時、あることを思い出した

 

 

このビンの収納いいねー

 

 

 

あ!!!!!

 

 

そいえば、この人はビンの素材を気に入っていた

 

なんであの時、俺はちゃんと話を聞かなかったんだあああああああああああああ

 

 

聞くと、

 

その人は

ビンにペンを入れる時の音が好きらしく

プラスチックだと、強度も心配だし

 

 

とのことだった

 

 

今週速攻、ビンのペンたて買い行こ

 

 

、、、、

 

 

 

 

ハイライトはこんな感じとして

 

このペンたてを買う

一連の流れを反省していて

僕は気づいた。

 

 

これこそが、

 

要件定義定義か

 

 

と。

 

 

現状を見て

 

相手の要望、予算、納期、イメージを聞いて

 

プロトを作って

 

提案をして

 

それに対してのフィードバックをもらい

 

さらに修正を加える

 

難しい

 

 

僕にとっての初めての要件定義が、今日でした 

 

自分の大好きなものを提案しても

相手が、それを受け入れてくれるかはわからない

 

凄い良い機会をもらえたので

絶対次に活かそうと決めました

 

 

まとめ

 

相手の話には

しっかり耳を傾けましょう

 

何気ない一言の中に

相手の本音が隠れているんだと

実感する出来事でした

 

おわり

 

スポンジタカ(@suponji275)